色無地 双葉葵文 淡鈍藤色:色無地着物専門 みやこさかえ - 7ed6f

2019-08-13
カテゴリトップ>色無地>色無地 紋意匠 1>双葉葵文:ふたばあおい
色無地 双葉葵文 淡鈍藤色

◇色目  淡鈍藤色(うすにびふじ:淡く灰味がかった、やや赤みのある明るい紫系)

淡い色目ながら、錆感を帯びた落ち着きあるお色目です。 生地の特徴を損ねることなく、この上なく上品な色目で 染め上げております。日本人の肌色にはとても似合い やすい特徴があります。輝くように浮かび上がる地紋と 合わさって、気品ある装いとなる一枚となりました

誂え染 可
色無地 誂え 紋意匠 双葉葵文

◇素材  絹 (表地・裏地)

◇用途 


◇文様分類 


◇サイズ 巾380mm×長さ13m(裄丈71.5cmまで可)

◇内容 表地・八掛地・胴裏(左セレクトで反物のみ可)

◇産地 表地・八掛:丹後 胴裏:福井

◇染色 池山 

◇生地品質 最高の糸を厳選し高いレベルの技術で織り上げられた高品質生地です
最高の糸を厳選し高いレベルの技術で織り上げられた高品質生地です

◇特徴 

双葉葵は、葉はほぼハート形。一つの茎から枝分かれして二枚の葉が出る植物で、茎の間に淡紅色の花をつけます。花言葉「細やかな愛情」

京都の洛北一帯に植生していたらしく、信仰の対象として古くから多くの人々に親しまれ、神饌としても献上されます

京都上賀茂神社の神紋とされ、別名「賀茂葵」といいます。徳川家の三つ葉葵が有名でございますが、双葉葵を紋章化したものとされています。

優美な曲線の持つ格調の高さと、ハート形の葉の形状の愛らしさを併せ持つ、雅やかなイメージの文様です。

色目によっては慶弔両用にお召しいただける文様でございます。 歴史によって淘汰されずにいまだに残り続けた幾多の優れたデザインの中から、さらに選び抜いた文様をこの色無地の地紋として再現いたしました。光沢感を抑えた生地の表情と洗練された古来の文様は、控えめですが確かな存在感を放ち、非常に高度で繊細な美意識と品の良さは、見るものを魅了します。

◇お仕立 

ご希望の方のみ、同梱の仕立注文書、もしくは下記リンク先よりご注文下さい。



◇備考 

お見積もり例

反物+袷仕立+抜き紋の場合、<103,000円+消費税>
反物+単衣仕立+抜き紋の場合、<92,000円+消費税>



◇返品

未仕立・未加工の商品のご返品は、お荷物到着から7日以内にご連絡下さい。

仕立・紋入・ガード加工済の商品は返品できません。

商品を御確認いただきまして、お顔写りなどお気に召しませんでしたら交換・誂え染もいたしますのでご相談ください。
 


ふたば







染

カラーチャート撮影環境 モニター色温度:6500K昼光色、室内:昼光色にて調整

お手持ちのモニターの色温度を調整してください。
5000K=暖色系の白(赤味が強くなります)
6500K=昼光色(ほぼ近い色目)
9300K=寒色系の白(青味が強くなります)

モニターによって色目の濃淡に若干の差がございます
ご来店いただいて実物を御確認できます行き方はこちら
優美な曲線美、、ハート形の葉の形状が格調の高くも愛らしい
自然な感覚で色あわせしやすい色目です。
価格
70,000円 (税込75,600 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
八掛・胴裏  
御仕立について  
1〜3営業日以内に出荷します
残りあと1個です
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

このページのトップへ