【吉村織物】特選西陣織袋帯 ぬれぬき/桃皮染 「尾瀬水芭蕉」 ひとえ向き 超軽量帯:きもの 和<なごみ> - 02440

2019-10-01
カテゴリトップ>tmp>夏用袋帯
【吉村織物】特選西陣織袋帯 ぬれぬき/桃皮染 「尾瀬水芭蕉」 ひとえ向き 超軽量帯

商品詳細情報

素材絹 85%/指定外繊維(紙)・レーヨン・ポリエステル(金属糸風) 15%
長さ4m35cm
30.5cm
六通柄
備考欄西陣織工業組合証紙No.286 吉村織物謹製

耳の縫製は、かがり縫い。

未仕立て品ですので、お仕立てをご希望の場合は別途ご注文くださいませ。
関連商品袋帯一覧




お仕立て前に、商品を実際に手にとって確認できます。
下記「お仕立て前の確認」で「確認する」を選択くださいませ。
返送送料は、お客様ご負担とさせていただきます。


お仕立てについて

こちらの商品は未仕立て品です。当店で袋帯のお仕立てをご要望される場合はこちらより↓

御使用頂くには芯入れ本仕立てが必要です。

ひとえ用、夏中心にお召しいただく場合(暑がりの方など)は、夏芯がおすすめです。

夏用(6月〜9月)としてお召しの方は、夏芯を入れて仕立てとなります。

袋帯夏芯本仕立て


袷の時期(10月〜5月)にお召しの方は、綿芯または絹芯を入れて仕立てとなります。





パールトーン加工はこちら⇒

ハジックガード加工はこちら⇒

お仕立て不要の方は、こちらの商品のみご注文ください。




加工を施す商品(お仕立て品)に関しましては、代金引換はご遠慮いただいております。
また、お仕立て前確認(商品下見)をされる場合にも、代金引換はご遠慮いただいております。(⇒お仕立て前確認とは?

【吉村織物】ひとえ向き軽量 特選西陣織袋帯

美しい尾瀬水芭蕉〜
  5月〜7月頃におすすめです。

きもの 和<なごみ>セレクト、ひとえ向きのセミフォーマル袋帯

美しい水芭蕉に惚れ込んでしまいます♪
 
春〜初夏の季節におすすめの素敵な柄の帯。
 
こちらは、通称「吉織(よしおり)」と言われる老舗の機屋さん「吉村織物」さんの新作帯。

昨今の温暖化に伴って、軽く薄い帯地の需要が高まっています。
こちらも非常に軽量な帯に織り上がっています。




女性らしいフェミニンな雰囲気。

上質な糸を使用し、細部までにこだわりのある素晴らしい帯です。

水芭蕉の柄は、季節的に5月〜7月頃に締めていただければ最適です!

季節の柄の帯は、とってもオシャレで、こだわりのあるコーディネートに。

季節感を大切にする心は、着物ならではの楽しみですので、是非どうぞ。



こちらは、色無地にコーディネート。

無地のお着物に、水芭蕉の柄が映え立ちます。

コーディネートの色無地はこちら⇒

コーディネートの帯揚げはこちら⇒

コーディネートの帯締めはこちら⇒

コーディネートのバッグはこちら⇒

コーディネートの草履はこちら⇒




室町時代より高級装束の製織に用いられてきた「ぬれぬき技法」で織られています。
緯糸(よこいと)を水にひたしながら織り上げてゆく「ぬれぬき」は、非常に
高度な技を必要とします。
独特の風合いが出て、非常に締めやすい帯に織り上がっています。



美しい水芭蕉は、種子から花が咲くまで、三年以上かかります。
長い時間を雪の下で次の春を待つ愛らしい水芭蕉(ミズバショウ)を表現しています。

5月〜7月頃に締めていただくと、最適です。



「桃皮染」の糸を使用しています。
山桃(楊梅)の樹皮から抽出し凝固したエキスを細かく砕き、
化学染料と混合して先染めしています。

帯地は、非常に細い糸で透け感のある織組織の帯地のため、軽量で薄いのが特徴です。



裏地です。裏地も柄入りの薄く軽い帯地になっています。



胴に巻く部分も薄い帯地で、柄入りになっています。
細かな部分にも手を抜きません。



画像ではわかりづらいですが、本当に薄地で軽量な帯です。

訪問着や付け下げ、色無地、小紋などに合わせていただけます。
幅広い年代の方に締めていただけます。



超軽量、ひとえにおすすめ〜愛らしい水芭蕉の帯【送料無料】
価格
85,000円 (税込91,800 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
お仕立て前確認  
1〜2日以内に発送予定(店舗営業日を除く)
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

このページのトップへ